私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

ミス・サイゴン
劇場:帝国劇場
出演:新妻聖子・筧利夫・照井裕隆・岸祐二・鈴木ほのか・泉見洋平・菅谷真理恵 他
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルグ    訳:リチャード・モリトビー、Jr./アラン・ブーブリル   訳詞:岩谷時子
オリジナルフランス語テキスト:アラン・ブーブリル   演出:フレッド・ハンソン

お勧め度:★★★★(星4つ)





物語は陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)。フランス系ベトナム人―通称エンジニアが経営するキャバレーでのアメリカ兵クリスと17歳のベトナム人の少女・キムの出会いから始まる。
 この戦争に大きな疑問を持つクリスと戦禍ですべてを失い生きるすべを求めてこの店に働きに出たキム・・・二人の出会いはすぐに恋に変わった。
 お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、米兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。
 エンジニアと共にバンコクに逃れ、クリスがいつの日か迎えに来てくれると信じながら懸命に生きるキム。しかしそのキムには、誰にも明かさぬ秘密があった。それは、クリスの帰国後に生まれた彼との子、タム。
 キムにとっては、タムだけが唯一の希望、そして生きる力だった。
 それをも知らず、ベトナム戦争の後遺症に苦しみながら連夜悪夢にうなされるクリス。やがて、彼は新しい人生を始めるためにエレンと結婚する。ところがある日、彼は戦友のジョンから、キムが生きていること、そしてキムと彼の子供の存在を聞かされる。
 愕然とするクリス。
 キムとクリスの運命の糸をあやつりながら、したたかに「アメリカン・ドリーム」を追い求めるエンジニア。キムに会うために、バンコクを訪れるクリスとエレン、そしてジョン。
 キムの願いは、タムをアメリカに渡らせ希望に満ちた未来を作ってあげること。その為に、キムは自らの命をかける思いだった。 そして・・・不幸なすれ違いが始まる。



照井クリスを観るためにただ一回だったはずのミス・サイゴン。
何の間違いか、もう二回観ちゃいましたが、照井クリスに会うその一回がやっと巡って参りましたw



アンサンブルキャストは二回目と同じ(藤咲さんが入ってない方)前回よりは出過ぎず。。。で 良かったと思います。

あと。。。アンサンブルさんの終演後のお見送りなくなった???
私が気づかなかっただけかしら??


それでは 例によってキャスト別に感想を。。。(多分 照井クリスのことは語りまくると思いますw)



新妻キム・・・今までの彼女の演じる役を観て、相当「強い」キムだろうなぁ~ とある意味覚悟して行ったのですが。。。
良かったです~~。強くあるべきところは強く、はかなげなところははかなく。とってもメリハリの利いている 美声のキムでした。
彼女のエポニーヌとかはいまいち好きになれないんですけど。。。。。キムは良いなぁ~ と素直に感じられました。


筧エンジニア・・・筧エンジニアの特徴は「人間くささ」かな?と思います。
確かにやってることはひどかったりもするんだけど。。。。それは戦争という哀しい出来事のために そうせざるを得なかった。。。
筧エンジニアからは それをひしひしと感じます。

だから結局。。。エンジニアなりにキムを愛し、タムを愛したんだろうなと。
だからこそ 筧エンジニアのラストシーンでは 悔しさよりも切なさを感じるのかな。。。と思いました。



照井クリス・・・・えっと。。。ぜーーーーったい 長くなるので後述しますw


岸ジョン・・・ジョンです!再びー!!
岸さんアレンジのブイドイも二回目となると全然気にならなかったです。

ラスト キムを救えなかった切なさみたいなものをひしひしと感じました。
ジョンとしては かなり好み。


鈴木エレン・・・「女」をかなりだしてるなぁ。。。と感じました。
なんて言うんだろう。。。

「今彼女にあった」は クリスを失わない為に どんな手段も選ばないというか。。。そんな印象を受けました。
初演時のほのかさんエレンは ここまで強くなかったような??

初演時にファルセットで出していたところを、地声で出せるようになっていたのは さすが^^



泉見トゥイ・・・全体を通して泉見トゥイから感じたのは、「キムへの愛」でした。
トゥイがあと数日。。。クリスよりも早くキムを見つけていたら、もしかしたら違う物語になったんじゃないかなぁ? そう感じました。トゥイのどの行動も根底にはキムへの愛を感じられました。それを他の人に察せられまいとするトゥイが 何か可愛かったです(笑)


菅谷ジジ・・・・とっても貴重な桑原ジジを含め、三人のジジすべて見ました。ジジの行動が しっかりと理解できる素敵なジジでした☆


そんな感じで 終わった 私のミス・サイゴン。

初演のイメージが崩れるのが怖いが故に 観るの臆病になっていましたが、さすがに10年以上経って、かつ役者のレベルが一定以上だと 楽しめるんだなぁ~ と 実感。

照井クリスについては 絶対長くなるので たたみ記事にします。

気になる方だけご覧くださいw









にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ ←応援クリック(m。_。)m オネガイシマス




さて。。。期待半分、怖さ半分の照井クリス。
ただ1シーンをのぞいては 想像以上に良かったです。

いつも言う クリスのイメージする声からすると ちょっと軽い感じ。
でも 違和感を感じるほどではないので 許容範囲の声です。

その1シーンとは「Why Got Why?」あそこで もう少し屈折しててほしかったなぁと。
そうすれば キムに見つけた「救い」をもっと感じることができるかなぁ と 思いました。

観ているキャストが限られているので 他のキャストとの比較はあまりできませんが。。。。

照井クリス 誰に対しても「優しい」クリスだなぁ と。

あと ジョンとの「親友」の空気が感じられたのも 良かったです。


ドリームランドにいるとき 照井クリスはにこにこしています。
私は新しい解釈のように感じたのですが、例え自分の心の中がささくれ立っていても、それを周りの人に見せることはあまりしないよなぁ。。。と。
なので その辺りも極めて自然なクリス像に見えました。
ただ その分「Why Got Why?」でクリスの心のひだをもっと見せてくれないと、「クリスはそんなにベトナムで苦しんでいたのか?」ということが見えにくくなっちゃうのが 難しいところかな。。。。

ただ その分「キムと一緒に暮らす」と決めてから、じわじわと二人の空気が変わっていくところで ちゃんと分かるんですが。。。。

二幕で特に感じたのが、クリスのキムへの愛は別に薄れた訳でも 忘れたい過去でもないんだな。。ということ。

例えエレンにベトナムでの出来事を話していないにしても、キムを守りきれずに失語症になったクリスを支えて立ち直らせたのは、間違いなくエレン。
そのエレンを愛し アメリカで生きていくと決めたクリスにとって、あそこで守るべきものはエレンだったんだろうなぁ。。。と

なので クリスにとっては二人の女性に愛され、そのうちの一人を失う。。。
辛いっすね。。。。

色々な意味で自然体クリスだなぁ とも思いました。

特に良いなぁと思ったのは「クリスの告白シーン」。
クリスの告白を聞きながら、クリスの思いとか背景とか 頭の中をぐるぐる回って。。。
泣きました。
まさに初演以来。
初演の時。。。ご贔屓さんのクリスの時は、100%涙していた場面でした。
あのシーンで納得できるクリスは。。。。海外・日本を含めてそうそういません。。。
ああ~ あのシーンだけでも良いから映像で観たいぞw

告白シーンの後、3重唱ののちに クリスがエレンにキスしますよね?
あそこで こう感じたのは初めてなのですが。。。(役者によっては唐突なキスシーンにも感じてしまうので)
エレンにキスをすることで、クリスの意志をジョンに伝えているんだなと。

いや~ 文章では語り尽くせない 良いクリスでした。

もし、、、再演することがあれば。。。その時照井クリスならば。。。また劇場に足を運びたいと思います。

私好みの照井クリスの余韻にひたりつつ。。。今回のサイゴンは 本当に打ち止め!

照井クリスに再び会いたい気持ちもありますが、すでに「サイゴン」3回も行ってしまったので だぁりんにちょっと顰蹙買っていたりするんですよねw

 
| しおん | comments (6) | trackback (0) | 芝居の感想 |
コメント
雫さん>

ジジとしては 私は北村岳子さんの方が好きでした。

当初エレン役だった石富さんが 劇団(音楽座)の公演のために エレン役を92年の12月いっぱいで降板したことで 岡田さんとほのかさんのWエレンに。

ジジは 岡田さんと北村さんと園岡さんのトリプルジジになったんです。

安崎さんクリス論は きなが~~~~~にお待ちくださいねw
| しおん | EMAIL | URL | 08/10/16 11:44 | ssJ4.hPI |
ありがとうございます。
楽しみにのんびりお待ちしてます。

岡田静さん、評価のとても高かったジジだという話は聞いたことがありましたが
エレンも演じておられたのですね。知りませんでした。
岡田エレンや初演のほのかエレンは、いったいどんな女性だったのでしょう?
| 零 | EMAIL | URL | 08/10/15 21:39 | VXJemPhc |
tdさん>


(□。□-) フムフム tdさんはソニンちゃん苦手なんですね(笑)

好き嫌いがはっきりと分かれるキムではありますよね^^

照井さんのクリスは ある意味新鮮だと思います。

役へのアプローチが 他のクリスとは微妙に違うので。

タイミングあうようでしたら ぜひご覧になって 感想聞かせてくださいね^^
| しおん | EMAIL | URL | 08/10/14 16:09 | ssJ4.hPI |
雫さん>

そうですね^^
その日によって違うんでしょうね^^

初演のエレンは、個人的には後半エレンを演じた岡田静さんが 一番好きではあったのですが、ほのかさんのエレンも好きでした。

だからこそ、私が観たほのかさんエレン 余計にどうしても好きになれなかったです。

新妻さん 可愛いキムだったの本当に以外でしたけど。。。
ああいうキムなら好きですよ^^

ふむ。。。安崎クリスですか?
かしこまりましたw

旅行記など落ち着いてからでも良いですか??
| しおん | EMAIL | URL | 08/10/14 16:05 | ssJ4.hPI |
新妻キム、私も好きでした。
私は逆で、きのうやっとソニンキムを観てきたところです。
ブログのほうにもいろいろ感想をあげましたので、よかったら遊びにきてください。

アンサンブルのお見送り、確かになくなってましたね。残念・・・(8月に観に行ったときは2階席で、終演後に2階に貼られた出演者の色紙をみている間に階下ではお見送りが終わってしまっていて階段をおりたらちょうどみなさんがはけるところだったのです。今回は1階席だったんですが、お見送り自体がなくなってました・・・涙)

ほのかエレン、私が8月に観たときは、ショックなんだけど必死に耐えてる…みたいな感じだったんですが、強くなってました?
菅谷ジジ、良いですよね!私は貴重な桑原さん(笑)は観てないですが、菅谷ジジはイチオシかなあ。

しおんさんの感想を読むと、照井さんのクリスを見てみたくなりますね。。でももう機会ないな。。1月の第一週に博多座に行くかを迷ってるのですが、その期間も照井さんは出演してないですもんねー。残念。。
| td | EMAIL | URL | 08/10/12 08:51 | Q9QWOOc6 |
先日コメント書こうと思ってお邪魔したのですが、
緒方さんの記事で全部吹っ飛んだんで、改めまして…

新妻キム好きなので、気にいってくださって嬉しいです。
(ソニンキム好きな方って、結構苦手とおっしゃる方が多いので実はドキドキしてました)

ほのかエレン、私も9/30に見たんですけどその日も「女」でしたねえ…
7月に見た時のほのかエレンは、キムがあの女性ならきっとタムも愛してくれる、育ててくれる、と思うのも納得の、包容力と慈愛に溢れた女性だったのですが。

筧さんと岸さんは7月以来見ていないので、次に見るのが楽しみになりました。

照井クリス、この日はドリームランドでにこにこしてたんですね。
私が見た9/30の時は最初だけジョンとエンジニアに愛想笑いして、あとはずっと仏頂面でした。
日によって、クリスの気分も違うのかもしれませんね。

照井さんのクリスって、確かにあまりキムに「救い」を求めてる感じはしませんね。「WGW」の前半は確かにあっさりめだし。
キムへの愛はすごく感じましたけど、キムに救いを求めるほど弱い男じゃないように思えました。
…語りだすと止まらなくなりそうので、これ以上はやめておきます(笑)

安崎さんのクリスってどんなクリスだったんですか?
映像も歌声も残念ながら残っていませんし、ネット上にもほとんど初演の感想はないので
一度しおんさんやみなぉさんにお話を伺ってみたいなと思っていました。
気が向いたらお聞かせいただけると嬉しいです。
| 零 | EMAIL | URL | 08/10/11 20:15 | VXJemPhc |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://blog.caerula.com/tb.php/908
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前  2018年09月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.21424秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ