私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

人形の家
劇場:シアターコクーン
出演:宮沢りえ・堤真一・山崎一・千葉哲也・神野三鈴・松浦佐知子・明星真由美 他
作:ヘンリック・イプセン
演出: デヴィッド・ルヴォー
お勧め度:★★★★(星4つ)





まもなく銀行の頭取に出世しようという弁護士ヘルメルとその妻ノラは、3人の子供と共に、仲むつまじく幸せな生活を送っていた。
だがノラには、愛する夫には決して言えない秘密があった。
かつて夫が重病に罹ったときに、その治療のため、内緒で夫の友人から借金をし、しかも、その借用証書に、臨終の床にあった父親の署名を捏造していたのだ。
それ以来、日々の生活では、借金返済の工面に追われながらも、なんとか平穏に過ごしてきた。
ある日、その借金相手・グロクスタが、夫ヘルメルによって職を追われかけ、秘密の暴露とひきかえにノラに、復職を夫に働きかけるよう迫ってきた。
秘密が露見することで、これまでの幸せな家庭が破滅することに恐れ悩むノラ。
だが、心の中では、もし夫がこの秘密を知ったとしても、夫は自分への愛のために、必ず自分を擁護してくれるものと強く信じていた。
やがて遂に、夫の手元に、グロクスタから暴露の手紙を届く。
そして、ノラは夫の真実の姿と、己がこれから取るべき道を知ることとなる・・・・。



りえちゃんより、堤さんより。。。ルヴォーの演出を観たくてチケットを取った。
ナイン初演以来のルヴォー演出なので。。。
4年ぶりぐらいか??

久しぶりのルヴォー演出は やはり。。深かったです。
くるくる回る回転舞台、ヘルメル家の女性達のスカートがふくらんでいること、ノラの服装、そしてバックに流れるキーーーという不快な不協和音。すべてが物語の伏線。

一見まともに見えるヘルメルが どんどん壊れていく様。一見狂ったように見えるグロクスタがまともになっていく様 その対比が際だっていました。

山崎グロクスタ 良かったです~~~。
嫌なヤツの時はとことん嫌な感じで、そして改心してからはとっても穏やかな顔が。

正直 期待していなかった宮沢ノラ。素敵でした~。(舞台のりえちゃん未見だったので)
ヘルメルとの夫婦の会話は基本的に舌っ足らずの声で、守ってちょうだいオーラいっぱいでていて、グロクスタと対峙するとき、そして夫の中に見知らぬ夫を見、ヘルメルと決別するときにも強い女性に憑依する。

でも ノラが意識的にやっていることではなくて、無意識にそうなっているのが分かる。
きっと前者は、よりヘルメルが「こいつは俺がいないと。。」と思わせるため。

いや~ 宮沢ノラから目が離せませんでした。
しっかり声も出ているし 華もあるし 舞台あいますね~。


堤ヘルメル。良いんですけど。。。。ノラを守ろうとする夫の姿。そして、正義を貫こうとする思い。

でも。。。でもでも!!!

最終シーンだけはちょっと受け入れがたい。。。
最終シーンは ヘルメルを情けない男と感じさせれば成功だと思うのだけど。。。
ちょっとそれが弱かった。
堤さん。。。演じていてヘルメルの行動に納得していない?! と感じてしまいました。


残念だったのは この舞台囲み舞台だったんだけど、やはり大事なところは正面を向いてやるので。。。
席的に前の方だったとはいえ後ろ側だったから 肝心のシーンで ノラの表情が見えなかったこと。。。かな?
ま 後ろ姿からでも十分伝わってきましたが^^


カーテンコールの時に、りえちゃんが袖にはけるとき 一人だけ 舞台に向かって客席に向かって一礼して去っていくのが りえちゃんが舞台を大切に思っているのが感じられました。

終演後ルヴォー演出独特の 重苦しいような余韻に浸れたのも久々で幸せでした。










にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ ←応援クリック(m。_。)m オネガイシマス






基礎体温【 36.72】度
| しおん | comments (2) | trackback (0) | 芝居の感想 |
コメント
ノンちゃんさん>

コメントありがとうございます^^

りえちゃん 映像では素敵な女優さんになったと思っていましたが、舞台でもお上手だし映えますね^^

お気に入りの女優さんのお一人になりました^^
おっしゃるとおり どんなジャンルの舞台でも できそうな女優さんですよね。
今後がますます楽しみです^^
| しおん | EMAIL | URL | 08/09/27 18:09 | kzqkjitk |
ここ数年来、宮沢りえが進化を遂げている事は薄々感じてはいましたが、特に今回は素晴らしかった。
細やかなディテールは<しおん>さんが既に述べられているとおりですが、いわゆる名作翻訳劇(ルヴォーですから、そんな言い方は甚だナンセンスではありまが)
でここまで演じきるとは期待以上の収穫でした。この分で行くと、彼女、シェークスピアやギリシャ悲劇、またチェーホフ、テネシーウイリアムズなど間口が大きく広がっていますね(元来、日本古典劇は似合っていますからね)。映像だけでなく舞台での女優として担っていって欲しいと願っています。
| ノンちゃん | EMAIL | URL | 08/09/24 19:09 | Wl4.sQFU |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://blog.caerula.com/tb.php/890
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2017年10月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.205425秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ