私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

レ・ミゼラブル
劇場:帝国劇場
出演:山口祐一郎・岡幸二郎・新妻聖子・山崎直子・辛島千恵・泉見洋平・安崎求・森公美子・原田優一 他
原作:ビクトル・ユーゴー  作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 翻訳:岩谷時子   潤色・演出:ジョン・ケアード/トレバー・ナン

お勧め度:★★(星2個)




東京初見。この日を含めて4回観ることになる。
キャスト編成の変則さからまたもや 10月頭に2回、11月の千穐楽近くに2回観る予定なのだが・・・。

というわけでほぼ一ヶ月とかなり遅れ気味の観劇レポート。頑張っていきまっしょい。(早く書かないと11時間超のヘンリー忘れるモンねw)


今回は友人との観劇だったので、ご贔屓さんが出ていること前提に友人と時間の合わせられる日。。。。

ってことで 私の苦手な山口さんを意図せず観ることになった。


まず 音。
名古屋でひどすぎ・・・。と思ったが たいして改善されず。。。
そもそもが 塩田さんが振るレミゼは結構早いのだけど、いつも以上の早さ。

段取りが色々ある役者さん大変そうでした。(この音までに○○に行かなきゃいけない と舞台の上走り回ってましたw)

名古屋版の編曲そのまま使ってるのかな。。。。
オケの音よりシンセ系の音が色々聞こえてきた気がしました。

あと全体的に音が小さすぎ。その日の音響さん担当によってずいぶん変わるのかしら?

では 例のごとく感想を。


山口さん・・・意外だったけど 結構良かった。
今回は ちゃんとお芝居をしていたような気がします。
前回 スペシャルキャスト時に拝見したときは、変な遊びをしていて それがバルジャンらしくなくて 嫌悪感があったのですが。。。
このバルジャンなら「あり」だな と思いました


岡さん・・・潔癖なジャベールですねー。初めて岡さんのジャベール 良いなぁ と思った気がします。


新妻さん・・・前回までは「強くて色々なものを求めているエポニーヌ」だったのですが、その部分がすっかりそげ落ちていて エポニーヌらしいエポニーヌ。歌がうまいので こういうお芝居に変化してくれたのは 嬉しい誤算。はかなげでとっても可愛いエポニーヌでした。


山崎さん・・・お芝居 名古屋よりもさらに進化。今回のファンティーヌの中では一番好きですね。。


辛島さん・・・前回拝見したときは「歌の人」というイメージがあったのですが ずいぶんお芝居がうまくなってました。コゼットの可憐さとか 思いとかよく伝わってきました・


泉見さん・・・つい最近まで トランシルバニアで助手さんやっていたから・・・・。マリウスなんだけど ちょっと助手さん入っている感じ?

名古屋公演の時も思ったけど。。。。
こういう 役者さんにとって 酷なスケジュールは辞めてほしいです。

いくら 何度もやっている役とは言え お稽古ほとんどなかったんだろうなぁ。。。

ま それを気にさせないぐらい しっかりと革命やってましたけどね^^

現段階では 私の中のベストマリですし。

藤岡くんが どんなマリウスなのか(多分お芝居かなり進化していると思うので)観てみたいけど。。。。ご贔屓さんとほとんど組まないので今回は観る予定ないし。



安崎さん・・・前演時は、「悪」を前面に出したテナルディエ。今回は、観客をほっと一息つかせ、上手く和ませながらも、しっかりと「悪」がかいま見える。

とはいえ それが見方によってはテナのいやらしさに感じたり、不気味に感じたり。。。

前回が原作から飛び出たテナだとすると、今回はミュージカル「レ・ミゼラブル」という作品の中に 生きているテナ、、、といったところかな?(笑)

前回のテナも今までにないテナルディエ像でかなり好きでしたが、個人的には今回の方が好きかも^-^

名古屋より 多少進化した 安崎テナ。良かったです。
ただ テナインのナンバーとか かなりスピードアップしてるので かなり大変そう。

安崎さんもトランシルバニアからの帰還組ですしね。


森さん・・・・うーーーーーーーーーーーーーーーむ。
やり過ぎ感 かなりのもの。

あれはMテナじゃなくて 「もりくみこ」がそのまま舞台に立ってる感じでしたね。
役として存在するよりも、舞台でお客さんをいかに笑わすか。。。と考えているようにしか見えなかったです。


原田さん・・・・なかなか 凛としたアンジョルラスでした。
可もなく不可もなく。。。無難な感じだったので 感想は以上w


アンサンブルさんはやはり総じていまいち。。。私好みの役者さん率が低かったから余計かも。

名古屋同様 浅野さんのファクトリーガールが良かったです。







にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://blog.caerula.com/tb.php/1121
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2019年10月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.201539秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ