私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

ダンス・オブ・ヴァンパイア
劇場:帝国劇場
出演:山口祐一郎・石川禅・大塚ちひろ・浦井健治・安崎求・阿知波悟美・シルビア・グラブ・吉野圭吾・駒田一・森山開次 他
音楽:ジム・スタインマン   脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ   追補:ジム・スタインマン   演出:山田和也
お勧め度:★★★





ヴァンパイアの故郷として知られるトランシルヴァニア地方。老教授アブロンシウスと助手のアルフレートはヴァンパイアを研究する旅の途中ではぐれてしまう。大雪に見舞われ気絶した教授をようやく発見したアルフレートは、ある宿屋に転がり込む。そこは部屋中がにんにくで飾られ、集う村人たちはにんにくの首飾りをかけ陽気に騒いでいた。息を吹き返した教授は、その様子を見てヴァンパイアに近づいたことを確信し、この宿屋に滞在することに。だが村人たちにこの土地の城のことを訊ねても、誰も答えようとはしない。
 その夜更け、2人は美しい歌声を耳にする。声の主は宿屋夫婦の娘・サラだった。アルフレートは入浴中のサラに一目惚れ。一方のサラもまんざらでもない様子。
 そして、サラを求めるもう1人の存在がクロロック伯爵。孤独で寂しげなオーラを放ちながらサラに近づき、真夜中の舞踏会へと巧みに誘う。親の束縛から逃れて羽ばたきたいサラは、伯爵の下僕・クコール(から渡された赤いブーツをはいて、伯爵のいる城へと向かうのだが…。





初見の記憶が新しいうちに トランシルバニア再訪。

1階のセンターブロックだったので かなり観やすい。
& 通路側に近い席だったため通路を役者さんが通るときの表情などがよく分かって二度おいしい♪


えーと 前回の観劇時の訂正w

やっぱり 山口さん苦手です・・・・。
どうも 2階で離れてみた方が 山口さんのお芝居に抵抗が少ないのかもと思いましたw

今回初見の二人。。。

大塚さん&浦井さん(サラ&アルフレート)

良かった~~~。初見の二人も良いと思ったのですが。。。

組み合わせ的にも役者さん的にも今回の 大塚さん&浦井さんの組み合わせが好きかも。
偶然にも 残り2回の観劇はこのお二人なので 楽しみです。

浦井さんは 禅さんとの相性もいいのかな。。。
すごいあってた様に思います。

で、全体的に感じたこと。

初見の時も違和感はあったのですが、体調の問題かなぁ?と思ってここでは触れずにいたのですが。。。。

2回目の今回も感じたので 書いちゃいます。

演出おかしくないですか?

初演を観ていないので 何とも言えないのですが、今回一緒に観た友人曰く「もっとコメディ色が強かった」と。
いわゆるB級コメディのような感じだったと。

今回はシリアス路線を打ち出したようですが、それが失敗だったのかなぁ?!と思いました。

コメディならコメディで シリアスならシリアスで もっと徹底してほしかったです。

シャガールが娘を部屋に閉じ込めるべく、扉に板を貼り付けるシーン。

たたくたびに サラが飛び上がったり 周りのセットやニンニクたちが 揺れる必要があるのかな?と。

コメディーならコメディーでそれはありだと思うんです。

でも。。。。シリアス路線ならもう少し見せ方があったんじゃないのかなぁ?

他にも首をひねるような演出は多々ありました。

ま それは 演出の問題で 役者さんの問題ではないので。。。

役者さんたちは 層が厚くて歌がうまくて ダンスも魅せてくれて。。。総体的に良かったです。

あと 気になったのが 宿屋の外観を観ると そんなに大きな宿屋じゃないっぽくて 2階建てに見えるんだけど。。。。

内部は 2階建てに見えないw

帰宅後 YouTubeにて 画像探してみましたが。。。。

教授の部屋と シャガール夫妻・マグダの部屋 階が違うのねw

日本版も同じ設定??

日本版の舞台を観る限りでは、シャガールは床下を通って マグダの部屋に行ってるように見えるけど あれもしかして違うのか?w
などと思っていましたら、やはり 調べてみると床下を通っているわけではないようですw


分かりづらいのぉ。。。。
なんか この舞台 総体的に役者さんの導線がわかりにくいですね。

せめて 想像できるだけの動きの付け方してほしい感じです。(まっ これも 演出側の問題w)

これは 関連シーンですが 探してみるともしかして 全部見られちゃうぐらいかも?
時間があるときちょっとずつ観てみます☆





次回は夫との観劇ですが。。。。
夫がなんて言うか ちょっと怖いかもw

ま ご贔屓さん 出演されているので あと 数回足を運びまーす。







にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://blog.caerula.com/tb.php/1068
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2017年10月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.186936秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ