私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(The Curious Case of Benjamin Button)
監督:デビッド・フィンチャー   脚本:エリック・ロス
出演:ブラッド・ピット  ケイト・ブランシェット  ティルダ・スウィントン 他
製作年度:2008年 アメリカ
上映時間 :167分


お勧め度:★★(2つ星)



1918年のニューオーリンズ。80歳の姿で生まれた赤ん坊はある施設の階段に置き去りにされていた。黒人女性のクイニーはその赤ん坊を拾い、ベンジャミンと名付け、自身が働く老人施設でベンジャミンを育てる。ベンジャミンは成長するにつれ若返っていった。

1930年の感謝祭でベンジャミンは少女デイジーと出会い、ふたりは心を通わせた。



形式としてはフォレスト・ガンプに似てるかも。

ベンジャミンの生涯にアメリカの歴史をうまく絡めて描いている。

実際にベンジャミンが戦争に参戦することになったりとか、TVニュースで映像が流れたりとか。。。

そして ハリウッド映画にしては かなり長め。

内容が散漫としすぎていて、私にはちょっとあわなかったかなぁ?


ただ あの特殊メイクはすごいと思いました。
私は特にブラッド・ピットのファンではないので まぁ あれですが。。。。(笑)

ファンの人が見たらたまらないでしょうねぇ。。。。

10代のブラッド・ピットって^^

ただ。。。ベンジャミンが娘に再会するシーンだけは 涙しましたね。

父親といっても結局は どんどん若返って 赤ちゃんになってしまう訳だから。。。

そして 最初は 性格わるっ。。。と思ったデイジーが 結局は最後までベンジャミンのことを想っていたんだなぁと しみじみ感じて 切なかったです。






ブログランキング・にほんブログ村へ ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
続き▽
| しおん | comments (0) | trackback (1) | 映画の感想 |
クジラ ~極道の食卓~
監督:横山一洋  原作:立原あゆみ
出演:松平健・岩佐真悠子・中村譲・ダイアモンド☆ユカイ・斎藤工・秋本奈緒美 他
製作年度:2008年 日本
上映時間 :120分


お勧め度:★★★(3つ星)



昼はヤクザ、夜は学生。濁組組長である久慈雷蔵(クジラ)は55歳で熟年離婚をした。しかしこれを機に一念発起し、素性は隠したまま、若頭の吉田をはじめとする他の組員たちには内緒で、高校の夜間部へ通い始めた。当たり前のことを当たり前に出来なかった男が最後に辿り着いた儚い夢は、学校に通い学ぶことと、一食一食心をこめて食卓に向かうことだったのだ。クラスメイトの本村咲子や、突然子分にしてほしいと転がり込んできたマルハこと羽丸飛との出会いも重なり、雷蔵の第二の青春が始まる…。



だぁりんに振られたので(笑)、母と一緒にレディースデイで行ってきました。

お目当ては。。。ご贔屓さん(笑)撮影されたのは松平さんのミュージカル出演後だったらしく、ご贔屓さんの他にもドラキュラ伝説で共演した役者さんが出てらっしゃいました。

で 映画。

んっと。。。質の良いB級映画という感じ。

松平さんが料理上手のやくざさんという設定なので、料理をするシーンもしばしば。

映画の中で作り方の説明をしてくれるのですが、隣で母が声に出さず口をもごもごやって覚えてました(笑)


松平さんの役柄がやくざの親分は親、子分は子 という考え方で しっかりと自分の「子ども」は自分が躾け守る という姿勢。
そして 「何があってもかたぎさんには手をあげるな」という姿勢。

かつての弟分や周りのやくざさんに恐れられているにもかかわらず、なんともほんわかした素敵なやくざさん(笑)

世の中のやくざさんが みーーーんな こんな人たちばかりだと 平和なのになぁ(笑)

ストーリーははっきり言ってべたで流れが見えますが、原作がコミックだからこんなものなのかな?(笑)

たまには シリアスでもミステリーでもなく、ぼーっと笑ってみられるこんな映画もいいな と思いつつ 楽しい時間過ごしました♪








ブログランキング・にほんブログ村へ ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
続き▽
| しおん | comments (2) | trackback (1) | 映画の感想 |
おくりびと
監督:滝田洋二郎  脚本:小山薫堂  音楽:久石譲
出演:本木雅弘・広末涼子・余貴美子・吉行和子・笹野高史・山崎努 他
製作年度:2008年 日本
上映時間 :130分


お勧め度:★★★★(4つ星)



所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。



公開中にはだぁりんに「あまり観る気がしない」とふられ。。。行きたいとチャンスを狙いつつも タイミングを失して観られずじまい。「マンマ・ミーア」を観に行ったときに アンコール上映中の案内を見つけただぁりんが「今度の休み(11日)に観るか」と言いだし。。。。


「観る気がしないって言ってたじゃない?」と聞くとやぶ蛇になるので あえて突っ込まず(笑)観に行ってきました。


で。。。。映画。

「ただ流れに流されて」納棺士という仕事に就いた主人公が、段々仕事にプライドを持っていく様子。そして 仕事柄差別を受けたりしつつ、妻が理解していく様子が よーくみえました。

庄内地方の自然で チェロ奏者でもあった主人公が 子どもの頃使っていたチェロを取り出して 弾いているシーンは 荘厳ですらありました。

吉行さん演じるおばちゃんが営んでいる銭湯。そのお客さんである笹野さん すばらしかった~。

ひょうひょうとしているように見えて 最後の最後でじんわりさせられます。

決して派手な映画ではないですが、山崎さん・本木さんの納棺時の所作の美しさときたら もう。。。。

余さんの 最後に見せる激しさも秀逸でした。

アメリカにはない 異文化が評価されたのかもしれないけれど アカデミー賞の外国語作品賞受賞したのわかりますわ。

そして 日本で強く評価されているのも。

元々は スポンサーも見つけるのが大変で資金もなくて。。。という作品だったようですね。
それは この作品が扱っているテーマが敬遠されたからだとか。

それが 結果的に そのテーマが強く評価されているのだから不思議なものですね。





ブログランキング・にほんブログ村へ ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪




続き▽
| しおん | comments (4) | trackback (3) | 映画の感想 |
マンマ・ミーア(Mamma Mia!)
監督: フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ  ピアース・ブロスナン  コリン・ファース  ステラン・スカルスガルド  アマンダ・セイフライド  ドミニク・クーパー  ジュリー・ウォルターズ  クリスティーン・バランスキー 他
製作年度:2008年 アメリカ
上映時間 :108分


お勧め度:★★★★(4つ星)



ギリシャの島で小さなホテルを営むドナの愛娘ソフィの結婚式前日、三人の男たちが島にやって来る。父親を知らずに育ったソフィの夢は結婚式でヴァージンロードをパパと二人で歩くこと。かつての母の恋人サム、ハリー、ビルのうちの誰かが自分の父親だと見当をつけたソフィが、内緒で招待状を送ったのだ。式の準備でただでさえ大わらわのドナは、昔の恋人たちの出現に大ショック。果たしてソフィの父親は誰なのか?



どうしても観たかったので、一日ハーブで癒された後に 強行突破で 映画館へGO!

うちは夫婦で観るときは基本的に レイトショー専科なので。。。
早いうちじゃないとレイトショー終わってしまうのね(笑)

高速が混んでないと分かった時点で、だぁりんにメルして ネットで予約してもらったです♪


さて 映画。

四季の舞台を一回、開幕直後に観ただけなので 記憶がかなり曖昧になっていたりしますが。。。

基本的には舞台をそのまま映画にした感じ。
舞台を映画にすると 多かれ少なかれ違和感を感じることが 私は多いです。
それは 役のイメージだったり、風景のイメージだったり、曲順変えたり 曲がなくなったり 曲が増えていたりといった、舞台とは違う 映画としての見せ方から感じる違和感なのですが。。。

今回も例外ではありませんでした。

ですが。。。。

舞台では描ききれない奥行き。
そして 青い海に 白い建物。

そして ソフィが結婚式を挙げる教会が 高台にあるのですが、その教会までのライティングがとっても美しかったです。

お歌の方は総体的に地味目でしたが、ソフィを演じたアマンダ・セイフライトの可愛いこと。。
きらきら 輝いておりましたわ。

あとは ロージーを演じたジュリー・ウォルターズ 彼女だけは イメージ通りで 私の中ではぴったりはまっていました。

あと カーテンコールが 舞台ばりにありました(笑)
きっと 英米の映画館だと、スタンディングで 楽しいんだろうな~~~。
その辺が 日本のお客さんはおとなしいから。。。。

ちょっと淋しく感じたりしました(笑)

深く考えないで観られて そしてハッピーな気分になれる。
うん。不景気なときだからこそ こういう映画嬉しいかも^^






ブログランキング・にほんブログ村へ ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪


続き▽
| しおん | comments (2) | trackback (4) | 映画の感想 |
容疑者Xの献身
監督:西谷弘     原作:東野圭吾
出演:福山雅治・ 堤真一・松雪泰子・金澤美穂・柴咲コウ 他
製作年度:2008年 日本
上映時間 :128分


お勧め度:★★★★(4つ星)



天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっていた富樫。元妻である靖子が容疑者として捜査線上に上がるが、彼女には完璧なアリバイが存在していた…。


映画の日ということで 半ば強引に観に行ってきました(笑)


原作をかなり前に読んでいたので、「冴えない男=石神」の図式で 堤さんというのは ちょっとあわないんじゃないかなぁ。。。。と思っていました。
ところが。。。。。
見終わった今では石神は堤さん以外あり得ない と感じるほどぴったりはまっていました。
ただ。。。やっぱり 今まで女性に縁がなかった。。。という部分への説得力は欠けていましたがねw


月9ドラマって 毎週月曜日はコーラスで見られないから ほとんど見ないんだけど、(というかドラマ自体あまり見続けることができないw)だぁりんが「予習」と称して、「ガリレオ」の何話分か観ていたので一緒に観ました。

(・ロ・)ホ,(・ロ・)ホ--ッッ!!!
こういう流れで草薙は 本編から外されちゃうのか。。。と納得w

で 映画。
多少変えているところはあるけど(靖子の勤め先とか、草薙を排除するとかw)大方原作通りかな?

だから ガリレオシリーズの主役って 福山&柴咲 なんだろうけれど この作品の主役は堤さんという印象がぬぐえず(笑)

時間的制約があるからか 湯川とか靖子の苦悩みたいなものは あまり描かれていなかったかな。。。
あと 納得いかないのは 靖子が自首するキーポイントが描かれていないこと。
これ 大事だと思うんだけどなぁ。。。。

それでも作品としては十分だし、最後の最後まで明かされない石神の【献身】 文字で読んだときよりも っていうか原作読んでいるから その【献身】がどういう形か知っていたんだけど。。。。衝撃的でした。

そして 石神@堤さんの表情に圧倒されっぱなしの2時間でしたとさ。

個人的ツボは。。。。
ラストのタイトルロールで ちょっと気になる役者さんの名前を見つけたこと。
どこに出てたんだ。。。。。全然分からなかったぞよ。。。。

DVD出たら。。。借りてこよ。
今みたい映画がいっぱいあるから。。。。もう一度観ようという選択肢はないらしい(笑)





ブログランキング・にほんブログ村へ ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪










基礎体温【 36.30】度
続き▽
| しおん | comments (0) | trackback (1) | 映画の感想 |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2017年08月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.234338秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ