私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

上海バンスキング
劇場:シアターコクーン
出演:吉田日出子・串田和美・笹野高史・さつき里香・大森博史・真那胡敬二・小日向文世 他
作:斉藤 憐  演出:串田和美
お勧め度:★★★★




日中戦争が開戦する1年前の1936年の初夏、クラリネット奏者である波多野は、妻であるまどか(マドンナ)と上海にやって来る。軍国主義が広まりつつある日本を離れ、ジャズを自由に演奏できる上海に行くために、波多野は妻をパリに連れて行くとだましたのである。
2人を迎えたトランペット奏者の松本(バクマツ)はギャンブルが好きで、つねにクラブ「セントルイス」のオーナーのラリーから前借り(バンス)をしている。やがて松本はラリーの愛人であるリリーと恋に落ちる。松本に怒りを表すラリーを仲裁するまどかと松本も、彼らとともにクラブのショーに出演することになる。

松本とリリーが結婚して間もなく日中戦争が始まり、日本の軍隊が上海にも侵略の手を伸ばすことで、上海からは自由もジャズも消えていく。やがて戦争が終わり、再び自由が戻って来た時には、波多野は阿片中毒で廃人となり、戦争に駆り出された松本は戻って来る途中で死んでしまう。





もう二度と観られないと思っていた「上海バンスキング」16年ぶりの再演に行って参りました。

今回はキャストの発表が開演の1時間前ということで。。。かなりドキドキして劇場に着きました。

上演時間3時間超の作品ですからキャストの体力の問題とか色々あるんでしょうね。

結局・・・
デコさんをはじめ、串田さん、笹野さん、さつきさん、大森さん、真那胡さん、小日向さん 他の皆さんもみんな観られた~~~!!

客席は大賑わい。この不況の中立ち見も出ていました。
そして 最近の舞台には珍しく 観客の年齢層高し&男性率、ご年配の夫婦率高し。

おじさまおばさまのご夫婦が仲良く観劇している姿 とっても素敵でした。

昔からの 自由劇場ファンがみんな 待ってたんだなぁ・・・・。と実感します。


幕開きは 笹野さん演じるバクマツの郷愁溢れるトランペットのソロ。(恐らく、今の皆さんがこの作品をやるに当たって 意図的な改変)
もうこの時点で 涙々~~~ でした。


ま・・・正直・・・。

初演は30年以上前で キャストがそのままな訳ですから 最初は当然皆さん20代には見えないんですけど。。。デコさん台詞も怪しかったし。(笹野さんと多分小日向さんも増毛してるしw)観ているうちに そこにいるのはもうまどかでありシローでありバクマツであり。。。。

16年前のファイナル公演と同じ感動をいただきました。

カーテンコール後、役者さんたちが演奏しながら通路を通ってはけていきます。

おっとりと椅子に座っている夫を急かして ロビーへGo!
急かされた夫は「エー?(ё_ё) (ё。ё)ナニー?」状態。「いいいい 行けば分かる~~~!!!」


昔と同じように出演者勢揃いで「リンゴの木の下で」「ウェルカム上海」を演奏してくれました。

笹野さんや小日向さんをはじめとする奏者が役者さんの顔じゃなくて音楽家の顔になってるんですよね~。


まどかの仮面をはずした おっとりデコさんもやっぱり素敵。(

このロビー演奏でまた 涙 だ~~~!
私と同じように涙拭いている人はたくさんいらっしゃいました。
みんな待ってたんだよね。。。

そのロビーに流れる暖かい空気も独特でいいものでしたよ。

は~ やっぱり良い作品でした。

夫は そこまで良いと思えなかったみたいだけど この作品の良さは分かってくれたみたい。曰く「20年前に観たかった」と。
その頃は舞台に出会ってもいなかっただろうに。。。

あ~ また この作品に出会えて幸せでした^^





にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
音楽朗読劇「モリー先生との火曜日」
劇場:有楽町朝日ホール
出演:光枝明彦・今拓哉・土居裕子
音楽監督・ピアノ演奏:小原孝  バイオリン演奏:真部裕
お勧め度:★★★★




スポーツコラムニストとして仕事に忙殺される日々を送るミッチ・アルボムは、
ある日偶然、テレビで大学時代の恩師の姿をみかける。
恩師・モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。
戸惑いながらも16年ぶりの再会を果たしたミッチは、
死に直面したモリー先生が幸せそうな事に驚く。

「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」。

その日から毎週火曜日、モリー先生とミッチ、二人だけの「最後の授業」が始まった。
テーマは愛、家族、仕事、そして「人生の意味」について。
それは、この上なく幸せで、歓びに満ちた時間。
時は無情に刻まれる中で、ミッチは、人生の輝きを取り戻してゆく。




音楽朗読劇という珍しい形態。
要は朗読の合間に歌がある。朗読のバックに音楽が流れている。そんなイメージ。

これ 確か元々はラジオドラマだったと記憶しています。
その後 一回舞台で上演されたはずです。

原作や今度加藤健一事務所で上演されるブロードウェイ版の作品には 土居さん演じるミッチの妻:ジャニーンは出てきません。

ジャニーンに語り手をさせること そして土居さんの透明感のある声でいろいろな想いが浄化されていったような気がします。

ラジオドラマをはじめて聞いたときに原作を読んでいるので 記憶が多少曖昧ですが 基本的に原作に忠実に作っています。

なので モリー先生に死が近づくにつれて どんどんどんどん 切なさが増してくる。

でも終わった後に残るのは不思議なことに清涼感。

劇中に何曲か入っている歌や音楽がそういう方向に運んでいるような気がする。

土居さんの歌ききたさで行ったけど。。。。

不思議だけど素敵な作品でした。

加藤健一事務所版のストレートプレイ版もも足を運びたいと思います。





にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
なにわバタフライ N.V
劇場:シアタートラム
出演:戸田恵子
作・演出:三谷幸喜
お勧め度:★★★★★




浪速の喜劇女優・ミヤコ蝶々をモチーフに、恋に芝居にと波乱に生きた女性の半生





2004年に初演されたものをベースにした ニューバージョン。(N.V)

ただし。。。初演はチケット取れずで観られずじまい。
ということで初見ですね。

なので 残念ながら初演との違いは全く分かりません。

三谷さんの「今までの常識を覆す一人芝居を・・」との意欲が感じられます。
でもこれを見せられるのは やっぱり戸田さんならでは。。。かな?


2時間弱を休憩なしで突っ走る。(正確には休憩がないのは観客で、3部構成のため戸田さんは休憩が二回あるんですがねw)

最初は戸田恵子として登場して、観客を巻き込みながら作品の世界に入っていく。
この最初のシーンだけで すっかり客席は芝居に引き込まれたことでしょう。

戸田恵子からミヤコ蝶々の仮面をかぶる瞬間とか ぞくぞくしました。
緩急ついたすごい舞台。

たった一人の演者が 周りに人がいるかのように話しかける手法で進むのですが、周りに人がいるよう。
落語のようでもなく 一般の一人芝居の手法とは一線を画しています。

そして 戸田さんの魅力。とてもキュート。
セリフや表情、エネルギーとパワーで圧倒されました。

この空間に身を置けたこと幸せに思います。


実はこのとき 同行予定の夫の体調が悪く、代わりを探しましたが見つからず。。。

ならば。。。と致し方なく結局夫が行くことに。
でもかなり楽しんだようで良かった。週明け会社休みましたがねw
これでいまいちの作品だったら何言われるか分からなかったわw






にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (2) | trackback (0) | 芝居の感想 |
加藤健一事務所「シャドーランズ」
劇場:本多劇場
出演:加藤健一・春風ひとみ・斉藤晴彦・新井康弘・佐藤誓・奥村洋治・神谷美羽・榊原健一・石田麻織恵・鈴木幸二
作:ウィリアム・ニコルソン  訳:小田島雄志・小田島恒志  演出:鵜山仁
お勧め度:★★★★




1952年、イギリス。オックスフォード大学で学者として研究の日々を送り、また、世界的に有名な童話、「ナルニア国物語」の作者でもある、C・S・ルイス=愛称ジャックは、50才を過ぎた今も独身で、兄のウォーニーと一緒に大学近くの一軒家で暮している。

ある日ジャックは、数多くのファンレターの中から、ひとりのアメリカ人女性、ジョイからの手紙に興味を抱く。ジョイは詩人であり、ジャックの本をすべて読みつくしていて、近い内にイギリスを訪ねるので、ぜひ会いたいという申し入れであった。ジャックの童話のファンである幼い息子・ダグラスを連れて――。

オックスフォードという知的で特殊な男性社会の中で永年生きてきたジャックにとって、主張のはっきりしたアメリカ女性と過ごす日々は、新鮮で刺激的な時間であった。やがて二人は精神的な結びつきを強く意識するようになり、さらにジョイから幸福ではない夫との生活を打ち明けられたジャックの心は、ジョイに接近していく。しかしジャックは、自分の気持ちに抑制をかけ、学者としての理性的な生活スタイルを守り続ける。

離婚が成立したジョイは、息子と共にオックスフォードで暮し始める。ジョイの市民権を得るために、ジャックは他人に気づかれることなく、戸籍上の結婚をする。

ある日ジョイが突然激しい痛みにおそわれる。末期のガンで、すでに回復の見込みはない。

苦痛と闘うジョイの病室で、ジャックは神の前で真実の結婚を誓うことを決意し、結婚式を挙げるが……。





久々に良いお芝居に出会いました。
上質な大人のラブストーリー。

主張の強いアメリカ女性に驚く英国男性という図式や、英国男性のブラックジョークに気分を害すアメリカ女性などが 英米の文化の違いを感じさせて面白かったです。

最初は単なるファンと詩人。(とはいえ詩人の方はかなり彼女が気になっていたようだけれど)それが友人になり、戸籍上の夫婦になり、本当の夫婦になる。(時代も時代なので 厳格なクリスチャンのため 結婚は一回しか認められないのだ)

本当はもっと早くに友情が愛情に変化していたんだろうけれど その気持ちを抑えつけて、認めようとしないジャック。。。

その流れがよく見えて ジョイが病に倒れてから 涙無くしては観られませんでした。

ジョイを失うかもしれない状況になって、はじめて自分の気持ちを見つめ直すジャック。
そして ジョイが亡くなるまでの限られた時間の中で 時間が限られている分 ジョイを大事に大事にするジャック。

は~ 切ないわ。。。。

やっぱりカトケン事務所は 基本的に外れないので好きです。
夏の高橋和也さんとの二人芝居も足を運びたいものです。





にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
去年レポしきれなかった舞台のまとめ?
観劇レポ あまりにも たまりすぎたので 去年分に関しては印象に残った部分だけ 記しておきます。


まずは。。


「レ・ミゼラブル」 千穐楽

全般的にアンサンブルさんが冗長気味。

阿知波Mテナが見られたのが嬉しかった。

2幕 バリケード陥落シーンあたりから 音響が怪しくなり。。。
下水道が始まると スピーカーから声が全く聞こえてこない。

安崎さんのさすがの声量の美声が朗々と響き渡り酔いしれました。

バルジャンとジャベールの対決シーンでも直らず、ちょっと上手側の席だったので 下手側の袖でスタッフさんが右往左往しているのが見えたために、あー中断するな~ と確信。

自殺シーンの直前にスタッフさんが走り出る今ジャベを止めて、中断。

説明に出てきたのは別所バルジャンと演出のジョン・ケアード。

別所さんは涙涙でした。。。。

15分ぐらいの中断をはさんで、下水道から再開。安崎さんの声 むっちゃ気合入ってました。

カーテンコール後は 今さんの司会でアンサンブルキャストを含み全員のご挨拶。

全般的に「これで卒業」とにおわせる発言が多かったです。(先日、2011年の上演とそれに伴う全キャストオーディションが発表されました。ま。。。またデキレースかもしれないですけど。。。期待しましょ。。。)



加藤健一事務所「高き彼物」

これ 本当は別途レポ書きたいぐらいなのですが。。。あまりにも記憶が薄れてしまったので。。。(・・;)

小泉今日子さん出演の30周年記念の舞台。

多少読めすぎの脚本だったりしますが(マキノノゾミさんだしw)全体的に流れる 心地よい静岡なまりの声と、びっくりするほど皆さん滑舌が良くて。。。お芝居はこうじゃなくっちゃ!

特にびっくりしたのは 滝田祐介さん。
誰よりも 声が通っていました。

滝田さんの信念を感じました。

終演後、友人のおつきあいで楽屋に伺う機会があったのですが、狭い楽屋で目の前に小泉さんがいらして、おとなしい感じなのに むっちゃすごいオーラを感じました。さすが~~~。



「パイレートクイーン」

正直 1幕は寝てました。。。w

四季卒業後の保坂さんの舞台を観てみたかったの。

でも 私の苦手な山口さんはやっぱり苦手でしたw

宮川さん演じるダーナルの切なさをひしひしと感じたのと、華麗なアイリッシュダンスは素晴らしかった!

4人の中心となる 海外からのダンサーはやはり さすがの一言。
このダンスだけ もう一回観たかったです。


公演中に、もはや恒例の宮川さんのキャンドルナイト・ライブに行ったのですが(今回は白木原しのぶさんがゲスト)、そこにダンサーさんたちがいらしていて ライブ終了後 たくさんの人に囲まれていました。4人ともとってもチャーミングでしたよ^-^


「海をゆくもの」

個人的に私の好きな役者さんばかりの舞台。かなり期待していたのですが、その背景とかがいまいち理解しきれず。。。難しかったです。
もう一回観て しっかり理解したかったな。


「シェイクスピア レビュー 「笑いすぎたハムレット」

う~~~ん・・・。
面白かったんだけど強引さも否めず。

二度目はないかな。。。と思いましたが、マッスルミュージカルに出演されている方たちの技はすごいと思いました。


こんな感じかな・・・(・・;)

今年は 早めのレポがんばりま~す。


にほんブログ村 演劇ブログへ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2017年10月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.217767秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ