私の観劇予定♪(確定分のみ)
    5月
    赤シャツ
    夢の泪
    レベッカ
    6月
    キャンディード
    モリー先生との火曜日
    7月
    壁の中の妖精
    8月
    タンビエットの唄
    エリザベート 
COMMENTS
TRACBACK
SEARCH

このサイト内を検索
Blog Ranking Tag






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 演劇ブログへ

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

FC2ブログランキングへ

 
Mail Foam
名前(必須):

メールアドレス(必須):

件名(必須):

メッセージ(必須):

メールの控えを自分に送信(メールアドレス必須)
gremz
Twitter

レベッカ
劇場:帝国劇場
出演:山口祐一郎・大塚ちひろ・シルビア・グラブ・寿ひずる・石川禅・吉野圭吾・tekkan  他
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ  音楽:シルヴェスター・リーヴァイ  原作:ダフネ・デュ・モーリア  演出:山田和也
お勧め度:★★★★




内気で上流階級の振る舞いに不慣れな「わたし」は、ヴァン・ホッパー夫人の付き添いでモンテカルロの高級ホテルを訪れる。

そこで出会った裕福なイギリス人マキシム・ド・ウィンターに見初められ電撃結婚をすることに。
あまりの幸せに夢見心地の「わたし」に対してヴァン・ホッパー夫人は、彼の先妻レベッカはイギリスで評判のレディであり、
「わたし」にマンダレイの女主人が務まるはずがないと告げるが、「わたし」は愛の力でマキシムを幸せにすると決意する。

ハネムーンを終え、彼の後妻としてイギリスのコンウォールにある大邸宅マンダレイへ到着した「わたし」は、
家政婦頭のダンヴァース夫人はじめ大勢の召使たちに出迎えられ、その雰囲気に圧倒されてしまう。
マキシムの親友であり、マンダレイの管理をしているフランク、マキシムの姉ベアトリスたちから温かく迎えられるが、屋敷は1年前に事故死した先妻レベッカの見えない影に今も覆われていた。

レベッカのものを生前と変わらずに管理するダンヴァース夫人、
マキシムに隠れて屋敷に出入りするレベッカの従兄弟ファヴェル―
屋敷のいたるところ、人々の心の中にまで、レベッカの存在は今も色濃く残っている。
期待に満ち溢れた結婚生活に忍び寄るレベッカの影に、しだいに追い詰められていく「わたし」。
そして、レベッカの死に関する疑惑が持ち上がり―





普通なら観ない作品なんですけど。。。山口さん苦手なので。
夫がどこかで「音楽的にはエリザベートより上」と読んだらしく、エリザベート好きの夫としては どうしても見たいとB席で観劇


えーと。。。これ 主役って わたしとダンヴァース夫人だよね?

どうみても マキシムが主役に見えなかったわ。 

ダンヴァース夫人は 涼風さんは何となくイメージできるのと初演時に大評判だったためシルビアさんをチョイス。

能面のような無表情がおそろし~~。
でも シルビアさんこういう役あうなぁ・・・・。と実感。今まで見てきた役の中では一番好きかも。

大塚さんは自信をつけるまでの ちょっとおどおどした感じから自信を付けてからの変化がすばらしい。

全体的に歌はうーん。。。。難しいのかなぁ?!とは思うんだけど 一部の役者さんをのぞいては あまり満足できなかったです。

ただ 今回はB席での観劇だったので 4000円の価値は十分にあったかなと思いますが。

我が家的には「エリザベート」のメロディ 構成の方が好きだと言うことで一致。
今後は上演されても観に行くことはないかも。








にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪

| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
青年座「赤シャツ」
劇場:本多劇場
出演:横堀悦夫・今井和子・大家仁志・小豆畑雅一・宇宙  他
作:マキノノゾミ  演出:宮田慶子
お勧め度:★★★★






明治38年、日露戦争の勝利に沸く四国辺のとある城下町
山嵐、野だいこ、うらなり、マドンナ、狸、赤シャツと、
夏目漱石の小説『坊っちゃん』と登場人物は同じでも主人公は赤シャツなのだ。
しかし坊っちゃんは出てこない。
ほんの些細な行き違いから誤解が誤解を生んでいく。
主役の座についた赤シャツの運命やいかに…
マキノンゾミ「文人三部作」完結編



当初行く予定はなかったのだけど ユース会員の親が行けなくなったらしく急遽ピンチヒッターで行ってきた。

どうもHP見る限り 最後の東京公演?見られて良かったかも。

地方公演前直前の東京公演と言うことで通常の公演日数よりかなり少ない。

この作品 初演から欠かさず観ていることになるんだけど。。。

結果としては今回のが一番良かった。

前回は今井さんに初演以来同役を務めていた 長谷川稀世さんの陰がちらついていて、しっくりこなかったんだけど 今回はばっちり。
今井さんらしさが存分にでていて良かったです。

宇宙(たかおき)さんのうらなりも 私は好き。

小豆畑さんも大家さんも芸達者だし、横堀さんは八方美人の赤シャツにしか見えない。

とってもとっても良い作品なので 東京ラストは惜しいですね。。。








にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ ←応援クリック(m。_。)m オネガイシマス
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
夢の裂け目
劇場:新国立劇場 小劇場
出演:角野卓造・高橋克実・大鷹明良・石井一孝・木場勝己・土居裕子・藤谷美紀・熊谷真実・キムラ緑子
作:井上ひさし  演出:栗山民也
お勧め度:★★★★★




昭和21年6月から7月にかけて、奇跡的に焼け残った街、東京・根津の紙芝居屋の親方、天声こと田中留吉に起こった滑稽で恐ろしい出来事。講釈師から活動弁士を経て紙芝居という「語り物」の日本の芸能の系譜をひく“しゃべる男”天声が、突然GHQ・国際検事局から「東京裁判に検察側の証人として出廷せよ」と命じられ、民間検事局勤務の川口ミドリから口述書をとられる。ふるえあがる天声。
岳父の紙芝居の絵描き・清風、都立第一高女を卒業したばかりの娘・道子、妹で元柳橋の芸妓・君子、君子の柳橋の同僚・妙子、失業中の映写技師・川本孝、紙芝居大好きな復員兵・関谷三郎、謎の闇ブローカー・成田耕吉ら、家中の者を総動員して「極東国際軍事法廷証人心得」を脚本がわりに予行演習をする。そのうちに熱が入り、家の中が天声や周囲の人間の〈国民としての戦争犯罪を裁く家庭法廷〉といった様相を呈しはじめる。
そして出廷。東条英機らの前で大過なく証言を済ませた天声は、東京裁判の持つ構造に重大なカラクリがあることを発見するのだが・・・・・・。





井上ひさしさんが逝去されたので。。。急遽追悼公演にもなったよう。

そのためか ただでさえ完売のチケットたち。当日券の列に並ぶ人たちの数がものすごかった。(私は事前に持ってたけど)

さて舞台。。。。

すごかったぁ。。。。
演者の皆さんが、井上先生を想って 井上先生に捧げると演じていらっしゃるのが分かるの。

作品自体素晴らしいんだけど、そんな効果も大きかったような?

紙芝居屋を通した東京裁判。
戦争や暮らしや 東京裁判自体の矛盾。
そして そんな困窮した中でも たくましく生きようとする普通の人々。

泣いて笑って 考えて。考えれば考えるほど奥深くて。
このシリーズって 井上先生の想いが3本観ることで改めて伝わってくる気がします。

天声一家から一歩離れている土居さん@ミドリ。
声に表情に癒されて 涙止まらなくなっちゃいました。

夢の3シリーズのうち 最終作の 夢の痂だけは初演を観ているので今回は見送ったのだけど。。。。チケット 取っておけば良かったかなぁ?と軽く後悔しています。

井上先生は遅筆で有名なので。。。この3シリーズの時も ぎりぎりまで台本できあがらなかったとか。
だからか分からないけど 映像で観た初演よりも こなれてこなれて よりわかりやすくて より伝わってくる。そんな気がしました。
最後のナンバー「劇場は夢を売るところ~」っていうの 井上先生に捧げていたように感じました。

そして「劇場は夢をみる、なつかしいゆりかご。その夢の真実を考えるところ。その夢の裂け目を考えるところ」これは井上先生から私たちへの宿題。

うん ちゃんと考えます。夢の真実と裂け目。





にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
ブラッド・ブラザーズ
劇場:シアター1010
出演:武田真治/藤岡正明・岡田浩暉/田代万里生・金志賢/TSUKASA・安崎求・杜けあき・鈴木亜美・伊藤明賢 他
脚本・音楽・歌詞:ウィリー・ラッセル   演出:グレン・ウォルフォード
お勧め度:★★★★




イギリスの港町、リヴァプール。子沢山のジョンストン家に双子が生まれた。ミセス・ジョンストンは、裕福だが子供に恵まれないライオンズ家に、双子の一人を金と引き換えでさしだす。ライオンズ家にもらわれたその子は、エドワード(エディ)。一方貧しいジョンストンの子は、マイケル(ミッキー)を名づけられる。ナレーターは迷信の類を語る。ミッキーとエディ、ミセス・ジョンストン、ラインオズ家の不吉な未来・・・。

はなればなれの双子は、運命のいたずらに導かれるように出会う。生まれた日も同じ二人は意気投合、友情が芽生え親友となる。時が過ぎ二人は14歳になった。ミッキーのガールフレンドであるリンダと二人は、10代の多感な数年を仲良く過ごす。不器用なミッキーは幼なじみのリンダに恋の告白ができない。大学進学を控えたエディは町を去る前に、二人のキューピットを演じる。ミッキーとエディは18歳になっていた。
ミッキーは、稼ぎのために嫌な仕事を続けている。エディは裕福な家庭の子息のお決まりで、大学生活を満喫していた。突然襲った不況でミッキーは職を失う。兄サミーにそそのかされて、強盗一味の片棒を担がされたミッキーは、警察に捕まってしまう。心身ともに荒んでしまったミッキーを社会復帰させるために、リンダは社会的な地位を得たエディに窮状を訴え、援助を求める。ミッキーはエディとリンダの仲を疑い逆上したミッキーは拳銃を持って、エディの演説会場に乗り込む。その時ミセス・ジョンストンが会場に現れる。血を分けた実の兄弟― ミッキーとエディの運命は・・・。





ナレーター役が変わったので。。。アダルトチームは必見だし。。。でも田代さんのお芝居を観てみたくて 両パターン見てきました。(田代さん観るの初めてなのです)

作品的に大好きなので、この世界にどっぷり浸れた二日間幸せでした。

東宝初演時に観た 武田さん・岡田さんペア。
さらにパワーアップしてました。
特に武田さんのミッキーに 深みが出ていて良かったです。
岡田さんのエディとしてのアドリブに武田さん・鈴木さんが素に戻って笑いが止まらなくなるアクシデントも。。。

初見の藤岡さん・田代さんペア。若い分パワー溢れるお二人でした。
東京では一回限りというのもあったのかもしれませんが。。。。細かい部分でアダルトチームのお二人とは違うお芝居で、続けて拝見したので それぞれの良さを感じることができました。

藤岡さんが お芝居のある作品に数作出演されたので、歌だけの方じゃなくなっただろうな と思いまして観てみようかな?という気になったです。
田代さんも藤岡さんもええ感じでした。お芝居の深みという意味ではアダルトチームに及びませんが、かなり善戦してました。

特に田代さんは歌は歌える方なので もっともっとお芝居できるようになると ものすごい役者さんになりそうですね^^(エリザベートは田代さんのルドルフで観ます)

ミセスジョンストン TSUKASAさん。前演時大絶賛の声がたくさん聞こえてきたので楽しみにしていたのですが、私にはあわなかったかも。金さんも正直イメージじゃないので 辛いところです。

ちゃんとお二人なりの母像は創られていたようですが。

もう一人の母 杜さん。時に回りの役者さんを喰ってしまうほどのお芝居でした。
狂気のさまとか 母の心情がよく見えて良かった。

過去のこの作品観ていても この役ってかなりの難役だと思うんですよね。。。
客席に納得させることが難しいというか。。。。

それが今回一応納得できたので 大満足です。

そして ナレーター 安崎さん。

個人的に、今まで観てきたどのナレーター役の方よりも説得力があり、作品に馴染んでいるように見えました。
この作品のナレーターはこうあってほしい。。。と思っていたことが ほとんど体現されていたので私の理想のナレーターです。

ただ。。。かなりかなり惜しいのは、マイクの問題か音響の問題かわかりませんが、安崎さんなのに歌が聴き取りづらい。。。

はじめて観る方などは なんて歌っているか分からないので 芝居の筋について行けない部分があったかもしれませんね。。。

再演時には ぜひぜひ 安崎さんのナレータに再び会いたいものです。
久々の二枚目役 むっちゃ格好良かったです。

私的には総体的に大満足な二日間でした。
繰り返し再演してほしい作品ですね^-^






にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
「キャンディード」稽古場特派員 行ってきました。
観劇レポートは滞ってるわけですが。。。

これは 早めのレポートを期待されているようなのでw 早めにUP。

一昨日の土曜日。。。つまり5月15日。帝国劇場9階稽古場で行われた「キャンディード」の稽古場イベントに参加してきました。

応募総数約1200通の中から抽選で32名!すごい確率ですね。。。
実際当たると思って出してなかったので、当選メールを確認したときにはかなりびっくりしました。

14時集合でしたので、劇場では「レベッカ」の昼の部上演中です。舞台上演中の舞台裏というのは新鮮でした。舞台の様子がスピーカーでかかってるし、エレベータはスタッフの人が一人乗っていて 手動で動かしてました。

マスコミ向けの公開稽古に、「稽古場特派員」という名目で私たちがお邪魔している感じだったので、稽古場の正面には各テレビ局のカメラが何台か設置されていました。

稽古場の真ん中には 木製の八百屋舞台があり、あちこちに印が書かれていました。


東宝さんの挨拶から始まって、ジョン・ケアードさんの挨拶があり。。。
で その後いきなり公開稽古ではなくて、私たちも舞台に上がって ウォーミングアップと発声練習に参加することに。(もちろん公開稽古向けのものですが)

ウォーミングアップは 水野栄治さんがリーダーで 最初に5~6人で 簡単なステップを。
それから二人一組になって ストレッチ。

ほどなくして発声練習に移行。発声練習は音楽監督の山口さんが音頭を取っていました。

正直最初は嫌々だったけど(笑)やってるうちに楽しくなりました^^

それから 公開稽古。

ジョンさんは、今回の作品を作る際に今までのキャンディード作品を色々見直したのだけれど、それらの作品が時期が新しくになるにつれて分かりづらく面白くなくなってきたと感じ、原作に立ち戻り、作り直したそうです。
そのため、曲はバーンスタインのものを使うけれども、今まで上演されてきた「キャンディード」とは別物で、ヴォルテールの原作に近づけた とおっしゃってました。

この「キャンディード」はジョンさんが演出してきたたくさんの作品の中で「レミゼ」や「ベガーズオペラ」などと同じラインにある作品ということでした。

ちなみに 演じられたシーンは。。。
 ◇オーバーチェア◇
 ◇病院のシーン◇
 ◇宗教裁判◇
 ◇ベニス~総督宮殿のシーン◇
 ◇スペイン~総踊りのシーン◇

でした。

合間合間にジョンさんによる 作品の背景説明があり、お稽古なのに作品の世界にどっぷり。

「キャンディード」には数回足を運ぶ予定なので、実際舞台の上で演じられる作品に出会えるのがとっても楽しみです。
特に 通常はなかなか聞くことのできない背景を知ることができたのが大きな収穫でした!
東宝さん 貴重な機会をありがとうございました!

それでも内容はやっぱり 哲学的で 取っつきにくい部分もあると思うので、かなり前にNHKでオンエアされた ライブ版の「キャンディード」ジョンさんのおっしゃってたことを思い返しながら、自分の観劇前に見直したいと思います。

公開稽古終了後、ビル内にあるお店でお茶していたら、隣にいる女性が「On my own」の楽譜を必死に眺めてたようでした。
ひょっとするとオーディションだったのかなぁ?!


にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ   ← トρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
| しおん | comments (0) | trackback (0) | 芝居の感想 |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2017年12月  次>>
イーココロと
Blog Pet * さと

Meromero * Chris
Meromero * Nico
アルカナ・コレクション * さと






☆マンデイムーン☆(幅広くメール便対応してくれるので、気軽に買えます)

★自然化粧品研究所★(キャリアオイルがかなりお安くて、愛用しています) 










ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.222762秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥

Counter


現在のお客様名♪


このページの先頭へ